神の国・工芸の国、島根

一般に旧暦10月を「神無月」と言われていますが、島根の旧暦10月は「神在月」と言われ、この時期に全国のお鎮りの神々が、出雲の国へ集まってくると言われております。 この地に集まった神々は、人生諸般の事柄を神議りにかけて決めるといわれ、男女の「縁」も この時に決められ、それが現在の 出雲大社 = 縁結び として、注目されている所以でもあります。 この様な島根の地に根差し、日々ものづくりに向き合っている作り手たち。 この地に生まれ、この地でものづくりをしているという「縁」を大切にし、その神々に目に見える“もの”として、それぞれの国へ携えていってもらえるような、ものづくりを見ていただきたいと思います。 島根 = 神在国 と全国それぞれの国。そこに住む人々が、「縁」と「もの」で結び付くことを願っています。